読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は遊び場

だといいのだけれども。
私はいわゆるパチンコ屋の店員さんやってます。でも、パチンコ屋のねーちゃんじゃない。パチンコ屋のおばはん。
この仕事中々長いので、色んな人や騒動が巻き起こることも有り。

高齢者が仕事柄多いので、忘れ物も多く、携帯や杖や入れ歯…パンツ。
パパパぱんつー。

なんでー。

しかも漏らしてるー。
逃げたな!!

いや、杖や入れ歯の人も何で忘れたのに気づかない!?

高齢者は、話し相手がいて嬉しいのかやたらと農作物やらをくれる常連が店に一人はいる。
「おーい!お、今日はお前さんかい。ほれ、スイカ畑で出来たから持ってきてやったぞ!いいからいいから、もらっとけ!ほれ!ほれ!」
「えっ!?あっ!あ。あ…」
カオナシばりのカタコトの私を尻目に勝手にカウンターに置かれるスイカ。
ごろん。
出て行くじーちゃん、
店の方針によっては、客から物をもらうのを禁止している店舗があり、うちの店も建前は禁止だが、やはり断るのも心苦しいのでこっそりゴニョゴニョしたりする。


おもむろに再来店するじーちゃん。
手には5セットの丸いビニール袋。

「おう!他の奴のも持ってきてやったぞ!みんなに配ってくれや!」
勝手にカウンターに置かれ、溢れんばかりのスイカ。
ごろん。ごろん。ごろん。ごろん。ごろん。


多いよ!!

置くだけ置いてさっさと消えるじーちゃん。早いよ!

この後こっそりもクソもできるわけなく上役に見つかりお客様からの頂き物禁止令が発動されましたとさ。