読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このご時世叩くテレビ!

突然液晶テレビが壊れました。

前触れ無し。

それはもう、故障です!っていうかんじで。

突然相棒の右京さんが血まみれになりました。

まあ、液晶全体が赤いラインまみれになったのですが。なぜか、右京さんがアップになるタイミングで赤く染まり。引きになると戻る。

推理中に血まみれになり、会話で戻り。何がに気づいた右京さんは血まみれになり、手元のアップで戻る。

もう、右京さん気づいてないだけで被害者なんじゃないのかな?


そんな感じで、明らかに故障で。でも、叩けば戻り。

この2017年のご時世にテレビを叩いて直すとは思わなかった。

元々、薄型液晶出始めのン十万の時代の遺物でパパが一人暮らしするときの貰い物で。それはそれは、神話級時代の代物。

黒が見えず、3kやら4kもクソもなく。致命的に、


夜の画面見えない。


相棒で、夜の乱闘の末の殺人事件なんて何が起こってるか全然わかんないの。

屋内か屋外か、何人いるのか、ってか誰が刺されたのか?

え?殴られた?殺されたのかぁ。え?重症?喋ってるよ!

あ、やっぱり殺されたの?

わかんない!全然わかんないよ!?

次の場面の報告や右京さんの推理から、あの場面で何があったか推理。もう、気分は右京さんと一緒だよ!

いらないよ!もっと気楽に相棒見たいよ!


ゲームも、夜の場面致命的に見えない。メタルギアとかやってると、敵見えないとかじゃない。

建物が見えない。

出られない。

建物から出たらスタートとか、全然スタートできないの。延々と最初の部屋からすらも出られないの。

伝説の傭兵、目の前でうろうろしてるの。さあ、出ましょう!頼りにしてるわ! とかいう雰囲気なのに、部屋の出口探してるの。

ほんともういや。


てなわけで、新しいテレビ買いました。最高!素敵!

夜の殺人事件よく見える。

んで、記念すべき最初の録画は、大正義アンパンマンだよね。

夜の場面ないけど。


パンデミックとかバイオハザードとか

子供に買ったおもちゃのアンパンマンキーボードを渡したら、狂ったようにバイキンマンのテーマを流され続けて、仕事中に「はっひふっへほー」とかのたまってしまった。どうも、タージマハルもげ太です。

本当にあry

 いやね、あんだけ何時間もバイキンマン聴き続けて仕事いったら頭からはなれないよね!!

むしろ耳から垂れ流し再生でみんなも聞けるよ!みたいな!

横にいた同僚もビックリだよね。前触れない、はっひふっへほー!だったし。

はひふへほはどこの業務なの!?

チベットスナギツネみたいな目されたよね。

本当に耳から再生されればよかったのに。

ほんともうやだ。


 この歳になると、大抵のことは流せるけどさ流してくれなかったのは、同僚の若さだよね。

「はひふへほってなんですか?」

ホラキタ!上の長めの話しを最初からして、大した話じゃないからスナギツネまた出てくるし。

砂漠にお帰り。


まあ、歳ともなれば体がガタついてさ。中々治らない風邪が続いてるんですよ。

2カ月。

若い頃はすぐ治ってたのにね。

この風邪が始まった2カ月前ね、何があったかというと。


知恵熱。


本当に知恵熱って出るからね!!何年かぶりに資格取るために勉強した二日目にね。詰めすぎちゃって。四回に分けて出す宿題を最初にやっちゃってね。忙しいからさ。したら、呪いにかかったのかな?頭使ってんじゃねーって。

大人になって本当に出るとは思わなかったね。

漫画の世界とかじゃないのね。


で、その後寝込んだのよ。そしたら、立派に風邪にランクアップしてさ。咳出て鼻水でて熱でて。

そして治りかけで副鼻腔炎にかかって拗らせて。

落ち着いてきたら、パパが体調不良。。。パパ高熱。。。子供元気。

パパ収まったら、私発熱。

子供元気。

発熱収まったら、パパ体調不良。

パパ治ったら、私が2回目の副鼻腔炎。 子供元気。


もうね、大混乱だよね。

パンデミックとかバイオハザードとかの感染とかの分類なんだろうけどさ。

パパと私で病気のキャッチボール。

いや、ドッジボール

そして、子供は何で無事なんだ。まあ、無事で何よりだが。子供すげぇ。


治らねぇ治らねぇ。

それで、先日この一連の風邪ひいて3回目の受診ってことで、新しい耳鼻科に行ってきた。

切々にうったえてさ、ここ2カ月いかに治らないか。辛いか。

優しいおじいちゃん先生で、混んでるのに話し聞いてくれてね。

ひと通り話して、じゃあ診察というところでね

「じゃあ、耳みましょう」

ん?耳の話してないんだけどなぁー。なんだ?耳鼻咽喉科の、鼻咽喉の所なんだけど、余った耳の一文字のほうだったかな。

いや。耳の次鼻とかみてくれるんだよ。んで、みてもらって

「あー、耳アカとっきますねー」

ゴソゴソガサゴソ。

けっこーでてるよー!

「おー、なかなか汚れてるねー」

「はい。抗生剤出しておきますねー。」

あれ?鼻は?喉は?

というわけで、どうやら耳が汚いという診察で薬貰いました。

いらねー、そんな情報いらねー。


やっと治ってきたーよー。


仕事は遊び場

だといいのだけれども。
私はいわゆるパチンコ屋の店員さんやってます。でも、パチンコ屋のねーちゃんじゃない。パチンコ屋のおばはん。
この仕事中々長いので、色んな人や騒動が巻き起こることも有り。

高齢者が仕事柄多いので、忘れ物も多く、携帯や杖や入れ歯…パンツ。
パパパぱんつー。

なんでー。

しかも漏らしてるー。
逃げたな!!

いや、杖や入れ歯の人も何で忘れたのに気づかない!?

高齢者は、話し相手がいて嬉しいのかやたらと農作物やらをくれる常連が店に一人はいる。
「おーい!お、今日はお前さんかい。ほれ、スイカ畑で出来たから持ってきてやったぞ!いいからいいから、もらっとけ!ほれ!ほれ!」
「えっ!?あっ!あ。あ…」
カオナシばりのカタコトの私を尻目に勝手にカウンターに置かれるスイカ。
ごろん。
出て行くじーちゃん、
店の方針によっては、客から物をもらうのを禁止している店舗があり、うちの店も建前は禁止だが、やはり断るのも心苦しいのでこっそりゴニョゴニョしたりする。


おもむろに再来店するじーちゃん。
手には5セットの丸いビニール袋。

「おう!他の奴のも持ってきてやったぞ!みんなに配ってくれや!」
勝手にカウンターに置かれ、溢れんばかりのスイカ。
ごろん。ごろん。ごろん。ごろん。ごろん。


多いよ!!

置くだけ置いてさっさと消えるじーちゃん。早いよ!

この後こっそりもクソもできるわけなく上役に見つかりお客様からの頂き物禁止令が発動されましたとさ。

始めましたよ。

始めてみたといっても何を書くわけでもなく。

タージマハルもげ太です。

まあ、子供の事とか気晴らしに書くとかそんなもので。大したことではない。

いつ飽きるか分からないけどよろしくお願いします。ゆるりとしますよ。